ようこそ!メルマガ「CARPファン」のHPへ!!

この頁は過去の記事を掲載したよもやま話です。

9/28
 今年は急激に若返りが進む年になりそうですね。
投手では遠藤、森下、塹江が一人前になり、ジョンソン、中崎、今村に
再起のめどが立たず、捕手は坂倉の成長。
内野手は堂林の成長と目立ってないモノの上本。
そして菊池の衰退。
外野は大森の成長で、誠也の大リーグ行きに目鼻が立ちました。
こうやって見ると、やはり今年のドラフトで足りないのは即戦力投手。
マスコミは明石商の中森と言ってますがトヨタの栗林等の即戦力だと思います
私としては早稲田の早川を取って欲しいのですが千葉の出身では
獲らないでしょうね。
法政の石川なら神奈川の横浜高ですがそれほど人気がないので
3位か4位で獲りに行くかも。
そして2位指名が高校生の大砲候補。中京の高橋でしょうか。
今年は10月26日月曜日です。
木曜日はゲームが残っているからでしょうね。

10/5
 中村祐に漸く勝ち星が付きました。
今年のデビュー戦、いきなりヤクルト打線に先頭打者から3連発を
食らったときは、もし私が監督だったら替えてましたね。
佐々岡監督は我慢強い。
これで中村祐も花開きました。来年が楽しみです。
佐々岡監督が我慢強いと言うのはスコットに対しても同じ。
あれだけリリーフで失敗しても「先発なら使えるんじゃないか」
と試してみましたが、失敗。
まぁ今年は何でも試してみたら良いんじゃないですか。
松山の4番も合ってるみたいですし。
最近はそうでもなくなりましたが松山に対する主審のジャッジは
きついですよね。きわどいコースは皆ストライクと言われる。
おそらく松山が抗議をしないせいでしょうが、その人柄に甘えて
「ストライク」を宣する審判の人間性は如何なものか。
佐々岡監督がもし気づけば、審判にきつく抗議をして欲しいものです。
そして次のテーマはリリーフ陣を如何にして作り上げるかですね。

10/13
 ドラフト会議が近づいてまいりました
どうやらCARPの一位指名は早稲田の早川投手の様です。
早稲田の選手の一位指名は無いだろうと思っていましたが
どうやらかなり前からスカウトが密着して、それなりの人間関係を
構築済みの様です。
となれば行かないわけにはいきません。
既にジョンソンは役割を終えた感があります。
となると順調に獲れた場合は、二位は高校生の長距離砲
と云う事になるでしょう。
そして3位か4位に明治の入江投手と言う気がします。

10/21
 いよいよ、来週の月曜日はドラフト会議です。
カープの一位指名は早稲田の早川投手というのが大方の予想です。
今年のNo.1投手は早川、野手なら近大の佐藤というのは私も異論在りません
しかし、カープに今必要なのは先発完投型投手なのか?
CARPが三連覇を成し遂げたときは、先発投手が6回までを3点以内に抑え
7,8、9回をリリーフ陣が最少失点に抑えているうちに、打線が逆転する
或いはリードの侭抑え込むというのが勝ちパターンでした。
野村だって6回までを3点に抑える能力が有ったからこそあれだけ
勝ち星を上げられたのです。
今年の中日だって見てください。
リリーフ陣は完ぺきと言っても良い位だから今の位置にいるのです。
対して広島は勝ちゲームをリリーフ失敗で次々と落しているうちに
打線の爆発力が萎えてしまった。
いま、カープが採るべき選手は即戦力リリーフと将来性ある高卒選手です。
そう云う意味で、CARPは早川に行かず即戦力リリーフを
あっと驚く一本釣り して欲しいものです。

10/25日20:20
 いよいよ明日はドラフト会議です。
そこでカープの指名選手を、これまでの傾向や、スカウト陣の発言を
参考に予想してみます。
 ドラフト一位
大方の予想は早稲田の早川投手でしょう。
しかし、結構早めに氏名公表するカープが未だ黙っているという事実。
これは迷っているのでしょう。他チームと競合してまで早川投手で行くか
或いは一本釣りを出来るかどうか見極めようとしているか。
私の予想は慶応の木澤投手の一本釣り確率が高いとみて
一位は木澤投手と予想します。一方早川投手の可能性も少しあります。
そして競合して籤で負けた場合は将来性を買って福岡大大濠の
山下投手、又は明石商の中森投手でしょう
 ドラフト二位
一位で投手が獲れれば二位は長距離砲
此処は花咲徳栄の井上朋也内野手と予想致します。

10/27
 今年のカープのドラフトは大成功でしたね。
早川投手をいつものように公表しないので「迷っているな」とは思いましたが、
これまで身長180cm未満の投手は一位指名しないのがカープでしたので
(オリックスへ行った山岡も小さい時からのカープファンと公言してたのに
指名しなかった)てっきり高身長の木澤投手だと読んだのですが
栗林投手でした。
栗林投手もスリークオーターと言いながら、あのように真上から投げ下ろす
感じのフォームであれば高身長と変わりないですね。
そして2位が森浦投手。この選手は調べてなかったのですが、日本一
発掘上手のカープのスカウト陣が2位で指名したので凄い投手なんでしょう。
(佐々岡監督が「即戦力左腕が欲しい」と注文した可能性は大ですが)
私は中森投手がまだ残っていたのでてっきりそっちかと思いましたが
意外な展開でした。
そして3位が大道投手。奪三振率の飛びぬけている投手です。
1位と3位の両投手はリリーフ陣としての即戦力かも知れません。
そして4位が小林樹斗投手。よくこの投手が此処まで残っていたものです。
もし今年、甲子園大会があったら、この投手は一位指名の有力候補に
成っていたかも知れません。地を這うような伸びる速球が武器の様です。
そして5位が行木投手。この投手も予想外でしたが担当は白武スカウト。
確か白武さんは昔、このチームに居たんじゃなかったでしたっけ?
それ故に入って来たマル秘情報をお持ちなんでしょう。
そして6位が矢野内野手。ショートとしては今年ナンバーワンだそうです。
肩の強さが。
そして足も速いと来ている。あれ?いつものカープですね。
「今年は大砲を取る」と言う話は何処へ行っちゃったんでしょう?
どうやら大砲候補は井上朋也選手只一人だったそうです。
ソフトバンクに一位で獲られてしまいました。
しかし矢野選手も3年秋には首位打者になったそうですし、長距離砲では
無いにしろ、田中の後継にはなってくれるかもです。丁度この世代は
穴が開いたようになってましたし。
此処で選択終了。
初めから6人以内と決めていたのでしょう。(つまり引退と自由契約が
6人までしか目途が立たない)しかし手許の資料にはまだ欲しい選手が
残っていました。
そして育成ドラフト
カープが指名したのは二俣捕手。
この選手も凄いですよ。何しろ鉄砲肩は中村奨成以上と松本スカウトが
褒めていました。変化球への対応力も秀でていると言うので、
打撃の力が磨かれれば、奨成をサードへ追いやるかも知れません。
これにてドラフト終了でした。
できれば育成であと一人。大阪桐蔭の西野力矢三塁手も長距離砲と
評判なので獲って欲しかったと思います。

11/2
 カープが急に強くなりました。
10月の成績は15勝9敗3分
勝率.625 十分に優勝チームのそれです。
確かに弱いヤクルトとばかり対戦して、苦手のDeNAとは3戦しか
していません。
それにしてもやはり強かった原因は投手陣が立ち直ったからでしょう。
得に優勝時と同じく、リリーフ陣が失点を最小に凌いでくれたら
カープ打線は終盤に爆発します。
これを胸に刻んで来年に持ち越して貰いたいものです

11/10
 佐々岡監督はいろいろと試してきますね。
今日11/10は誠也が一番です。
さすがは投手出身の監督。自身が納得するまでいろいろと
試して貰えば良いのではないでしょうか。
しかし1番を試すならもっと早めに試せばいいのにと思います。
最終戦のひとつ前ですからね。
そうか、3割達成の為に打席数を確保したかったのか。
そして明日は先発マスクは白濱でしょうか。
もう2,3人支配下枠を空けないといけません。
白濱は一位で獲った割には出場機会に恵まれませんでした。
あとジョンソンも未だ必要かな?若手に先発のチャンスを与えた
方が良いような気もします。
また、矢崎と高橋大は素質はありながらチャンスを生かせない
典型的な選手だと思います。
高橋はレギュラーになれば20本2割7分は打てる選手だと思うのですが。

11/24
 日本シリーズが始まりましたが、かつてメジャーがシーズンオフに
日本に遊びに来たときのことを思いだします。
巨人や日本代表チームと数戦行いましたが、日本チームは
子ども扱いでした。
今回もそんな感じ。巨人とホークスとは大きな実力差が有りますね。
ホークスは個々人の数字だけ見ると対して強くないように見えますが
「チーム力」という眼に見えないものが数段違います。
巨人は一つ勝てば良い方ですね。
 さてカープの契約更改が始まりました。
収入不足の今年はどうなるのだろうと思っていたところ、
予想通りの厳しい査定ですね。
巨人が故障中の選手を軒並み自由契約にして
育成で再契約と云う事をやっていますが、どのチームも売上が少なく
厳しい査定が続くんでしょうね。

11/30
 契約更改で、なんとスコットが残留してしまいました。
まさかねぇ。あんな役立たずと再契約するなんて。
球団によると「金額は幾らでも構わない。またカープでやりたい」
と言われ監督に聞くと「戦力になると思う」と言ったので残留。
金額は記憶ですが2千万ちょっとだったような。
しかし、これまでの助っ人の中で1,2を争う役立たずだったのでは?
監督も何故か知らないけれどいい場面で何度も起用していました。
そんなにブルペンでは素晴らしい投手なのか?
佐々岡監督の目が節穴かそうでないのか、来年判ります。

12/7
いよいよ今日はプロ野球トライアウトです。
新庄の参加でだいぶ話題になっています。
早速、東大出身の宮台が三者三振に斬ったようです。
何処も投手不足ですから、引き合いがあるかも知れませんね。
話題性もあるし、一度クビになると言う悲哀も味わっていますから
将来の事務職としても使えそうです。
プロでの経験は一軍一試合のみの出場。
サウスポーですし、カープが獲っても良いのでは?
と思ってしまいます。
また巨人の宮國もまだまだ使えそうな気がしますけどね。
阪神の伊藤も大砲が欲しいカープとしては一考の余地があるのでは。

12/14
 トライアウトが終わり、宮台はヤクルトへ。
新庄は引き合いが無かった様です。
しかし新庄は「自分は全力を出したし、十分楽しんだ」
と言ってます。それで良いんでしょうね。
自分が納得すればそれで由しとする。
それが「自由」と云う事です。
ところで、日本が開国した後、欧米から様々な概念が入って来ました。
先程の自由もその一つで、当時の日本人が一つづつ漢熟語に直しました。
この熟語が中国や朝鮮半島に輸出されたのです。
最近の韓国は漢字を使わなくなり、文字を視ただけでは
とても判りにくい文章になっています。
朝鮮文字はひらがなと同じで表音文字のようです。
では何故漢字を使わなくなったのか。
それは反日感情からです。
経済用語は中国でなく日本から入って来た熟語なんですね。
それで日本の言葉を使いたくないと云う事から漢字を使わなくなった。
そう云う民族です。

12/21
 暫く、河田ヘッドコーチの就任が騒がれていました。
そんなに優秀な人なんでしょうか?
他に題材が無いからもてはやされていたような気がしますが
どうなんでしょう?
来年のカープは優勝争いをすると思います。
それは投手力が格段にアップするから。
問題は佐々岡監督が心を鬼にして、優秀な投手を
先発でなく、抑えに回せるかどうかだけだと思います。
佐々岡監督の人柄はあちこちで称えられていますが
指揮官として大切なのは、時として非情になれるかどうか。
その辺が来季の見ものだと思います。
チームの得点力が大きくアップすれば、それは
河田コーチの力でしょう。

1/4
 明けましておめでとうございます。
佐々岡監督のコメントを読むと「去年は先制点を取って逃げ切る作戦」
を序盤は採ったが、リリーフが逆転を食らうので、途中からは
「大量点を獲りに行く戦法に切り替えた」と言ってました。
その通りですね。先制点で逃げ切ると言うのは王者の戦法。
三連覇中なら兎も角、丸が抜けた打線に、中崎、今村の勤続疲労
が続く現状を見誤りました。理想を追ってはいけません。
今年はリリーフ陣を立て直せるかどうかが鍵だと思います。
「先発はシーズンを乗り切るには10人位居ないとダメ」
それはその通りですね。問題はリリーフ
「新戦力が先発かリリーフかがまだ決まっていない。育成のコルニエル
に期待している」とのこと。
それは大いに期待してください。
しかし新戦力だ、育成だと言ってる分には非常に心もとない
これは と思う投手は佐々岡構想では皆先発要員の様ですが
もっとリリーフに人材を注ぎ込まなくて良いのでしょうか?
今からハッキリと「お前には後ろを頼む!」と言っておいた方が
良いような気がします。先発>リリーフというイメージを選手の
頭脳から消し去ることとそれに順応した報酬を払いましょうよ。

1/12
 コロナの影響で各チームのキャンプインに問題が生じています。
カープと楽天以外は皆、非常事態宣言かそれに近い状況ですものね。
さらにキャンプ地の宮崎沖縄も決して平穏地域ではない。
カープは外国人のフランソワを除いて皆、コロナに罹っていない
というのは良く努力していると思います。
しかしキャンプに入れないとなると、今年も開幕は延期になるでしょう。
下手をするとまた120試合に削減されるやも知れません。
 一方、巨人菅野の大リーグ入りが無くなりました。
CARPにとっては強敵望むところかも知れませんが、
一方巨人は菅野の残留は計算外。
その年棒を加えると予算の50億を突破するそうです。
流石の金満球団も無観客が多くて金詰り気味。
取りあえずは借金して乗り越えるにせよ、今年のオフは大幅な
リストラが有るかも知れません。

提供は
株式会社 矢
東京都千代田区内神田2-6-2
tel 03-3255-0472
営業時間 平日11:00~18:00



広告


東京に支店を置きませんか?
起業、副業にも、千代田区神田のレンタルオフィス。駅近です
越後湯沢のリゾート情報
貸し会議室なら神田駅そば。交通至便のちかいのレンタルスペース
普通の事務所をお探しですか?ミニオフィスから5坪以上の中型まで
あなたの住所は何処?私設私書箱は安全を売っています

広島 CARP"

carp坊や